中東欧最新ビジネス情報

EU Business Information [Direct Report]

2012年3月26日チェコ(GDP)

EU統計局Eurostatが発表した最近のデータによると、チェコのプラハはEU27カ国中、GDPベースで7番目に豊かな国としてランクイン。 一人頭のGDPはEU平均の1,75倍に達した。絶え間ない外国資本の流入が大きく寄与。

2012年3月23日ハンガリー(食品)

中国資本のアジアフード社は、ハンガリー北東部のベルペレト(Verpelet)市でインスタント麺工場の操業を開始した。 同社は、10億HUF(約4億円)を投じてハンガリー工場を建設、内、4億HUF(約1,6億円)EU及びハンガリー政府からの助成金を獲得。今年末までに、初期雇用の70名から250名に増員する。

2012年3月18日ルーマニア(外国人の農地取得)

ルーマニアはEU加盟条項に準拠する形で、2014年からルーマニアに居住していない外国人も国内農地の取得が可能になる。 農業省は、低廉な農地価格に外国人投資家が注目するとの見方を示している。 ちなみに現在、農地の8,5%を外国人が所有しており、ローカル会社を通じての取得が殆ど。

2012年3月17日チェコ(付加価値税/消費税)

チェコ共和国首相のペトル・ネチャス(Petr Necas)は、チェコTVのインタビューで、赤字予算の是正のため、付加価値税率(日本でいう消費税,ものによって税率が違う。)を14%から15%、20%から21%へ双方1%引き上げる考えを示した。 法人税率は据え置きのまま19%。

2012年3月13日ポーランド(フェミニスト)

前のローマ法王を輩出し、敬虔なカトリック教徒が多いポーランド。 他の中東欧諸国とを比較しても、教会の中の雰囲気が群を抜いて神聖だった。 堕胎、人工授精などを否定しているカトリックの考え方に対し、女性が毎年デモンストレーションを行っているが、今回は3,000人が参加。 その他、今回は、欧州の男性が虜になっているサッカーのeuro2012開催に対しても、今はそのようなことにお金を使うべきではないとの主張もシュプレヒコールとともに繰り広げた。

2012年3月10日中東欧(インド自動車タイヤメーカーの投資)

インドのタイヤメーカーApolloは、今後5年の間に中東欧へのグリーンフィールド投資を再検討している。 2008年の時点で、2億ユーロを投じてハンガリーへの工場建設を検討していたが、その後スロバキアも候補にあがり、一時棚上げされていた。 今回は、投資先として、ポーランド、ハンガリー、スロバキアが上がっている。

2012年3月9日ポーランド(不動産投資)

ポーランドの不動産投資が堅調。昨年一年間の不動産総投資額は10億ズロチを超え、後半から勢いが増していることから、今年はさらに上回る見込み。(1ズロチ=26,46円) 2008年の経済危機以降、市場が回復し、昨年は総投資額の15%~20%を不動産投資が占めた。

2012年3月8日チェコ(ハイパーマーケット)

今年1月の調査でチェコのハイパーマーケット(超大型店)の数は、282店舗で、今年中には300店舗近くになる可能性が高い。 人口当たりの店舗数は、欧州でも四番目となり、100万人あたり26店舗ある計算。

2012年3月5日ハンガリー(失業率)

ハンガリー中央統計局の発表によると、昨年11月~今年1月間の平均失業率は11,1%。総失業者数は約45万人。約半数が1年以上職探しをしている長期失業者。

2012年3月4日ハンガリー(自殺)

ハンガリーの自殺率は世界でもトップクラス。 今日、ハンガリーのサッカーチーム(国内リーグ)の監督がビルから飛び降り,自殺した。48歳だった。八百長スキャンダルに巻き込まれのが理由らしい。 同八百長スキャンダルは、現役選手や既に引退した選手も関与したとみられ、現在6名の現役選手と関係者25人が事情徴収されている。

2012年3月3日ルーマニア(自動車)

独自動車部品大手ボッシュ(Bosch)は、2013年末までに総額約4,300万ユーロを投じて、ルーマニアのブラジ(Blaj)工場の拡張を行う。 同工場は、2013年4月よりホイールスピード、クランクシャフトの生産も行う。 2007年の操業で現在580人を雇用しているが,同拡張により約300人が新規に雇用される予定。

2012年3月2日モロッコ(自動車)

ルノーは、モロッコのタンジェに自動車工場を設立。 2013年中に年産40万台を目指す。 生産車種はミニバンのLodgyとまだ明らかにされていないが、もう一車種で85%が欧州向けに輸出される。

2012年3月1日ポーランド(発電)

ポーランド、風力発電事業に外国企業多数参入。 現在まで、風力発電開発プロジェクトに関し、同国政府に対し既に54社の申し込みがあり、検討されている。 国内企業では、大手PLGやPKNorlen,外国企業ではベルギーの DEME, ポルトガルの EDPR, スペインのIberdrolaなど。

最新の記事
アーカイブ
カテゴリー

© 2010 EU Business Inc. All Right Reserved