中東欧最新ビジネス情報

EU Business Information [Direct Report]

2013年9月25日チェコ(自動車)

仏自動車大手PSAプジョー・シトロエン のバラン最高経営責任者(CEO)は、欧州の小型車部門でトヨタ自動車 との提携を継続する意向を示した。 同CEOはドイツのAuto Motor und Sport誌に対し、「次世代車は再び共同開発となり、チェコで生産される」と述べた。 資金繰りに苦しむプジョーが、独BMW との自動車部品を取り扱う合弁会社を解消し、エンジン部門での提携関係を打ち切ったこと受け、プジョーが他の提携関係も解消するのではないかとの観測が出ている。 トヨタはチェコのコーリンにある生産ラインで小型車「アイゴ」を生産しており、プジョーが来年初旬に販売開始を予定している「シトロエンC1」、および「プジョー107」は同ラインを使って生産される。 トヨタとプジョーの合弁会社、トヨタ・プジョー・シトロエン・オートモビル(TPCA)は2005年2月に生産開始。以来、2012年3月までの合計生産台数は200万台を超えている。 為替相場 2013年9月25日(水)13時29分現在 1ユーロ132,9円,1ドル98,69円 本日の国債利回り(1年)  中東欧諸国(ハンガリー、チェコ、ポーランド) ハンガリー 3,770 チェコ 0,19 ポーランド 2,680

最新の記事
アーカイブ
カテゴリー

© 2010 EU Business Inc. All Right Reserved