中東欧最新ビジネス情報

EU Business Information [Direct Report]

2010年9月13日 ポーランド (不動産)

ポーランドの不動産は今が買い時? ポーランドの不動産価格が、ここにきて買い手市場に転じている。 他の中東欧諸国は、リーマンショック以来、市街地、高級住宅街を中心に、不動産価格の下落が著しかったが(首都の中心部では、30%以上も下落したところもある。)ポーランドだけは例外だった。中東欧諸国では、体制転換後、西側、特にアイルランド、イスラエル人などを中心とした不動産ブームが起きていた。旧社会主義国では、貧富の差の拡大の一つに、不動産の所有の有無も大きな要因だった。特に比較的駐在員などを含む外国人が住むような家族用のマンションは家賃が月1,500ユーロ以上もするところが多く、家賃収入だけで生活している人々も多い。

最新の記事
アーカイブ
カテゴリー