中東欧最新ビジネス情報

EU Business Information [Direct Report]

8/3/2011

東芝傘下の米ウエスチングハウスは13日、ブルガリアの国営電力会社と原子炉の設置、核燃料の供給を含む原子力発電プロジェクトでの協力で合意書に調印した。

 国営電力会社ブルガリア・エナジー・ホールディング(BEH)との合意の下、ウエスチングハウスはルーマニアとの国境に近いコズロデュイにある旧ソビエト時代に建設された原子力発電所の寿命延長に協力する。

 さらに同原発での核燃料保管、使用済み核燃料のリサイクルにも協力。さらに、新たな原子炉の設置および老朽化した原子炉の解体作業にも協力する。

10/9/2010

独E.ON社は、ポーランドのポズナン市近郊に1億ユーロを投じて新たに風力発電所を新設した。同施設はNekla wind park と呼ばれ、最高出力52,5メガワット、クリーンエネルギーを約4万5,000世帯に供給するキャパシティーを有する。
同社は、外国投資家の中で、ポーランドのグリーンパワー開発に最重要な会社とされており、同施設は2006年から開発が進められており、現在まで総額2億ユーロを投じている。
 

9/23/2010

チェコの大手電力会社CEZは、ルーマニアでのJV(ジョイントベンチャー)による2つの原子力発電所設立計画を取りやめた。地域にとってよりリスクの少ないプロジェクトに変更予定。

8/13/2010

ポーランド初の原子力発電所の利用開始は、当初の予定より2年遅れて2022年にずれ込む見込み。現在、2つの3,000メガワットクラスの発電所を建設中で、石炭への依存度を減らし、EUの二酸化炭素基準に準拠するのが目的

Please reload

最新の記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

カテゴリー
Please reload

© 2010 EU Business Inc. All Right Reserved